とにかくあれこれ      自慢してみるブログ。


by billybrown
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

水のある生活。

今週は給料日でした。

というわけで今月のお買い物はこれ。

a0017032_19383656.jpg


水のある生活っていいんでしょ。
照明が当たって、思った以上にいい感じ。

魚はまだいないので、
水草がゆらゆらしてるだけなんですが。
それでも見ていて、飽きません。

うーん、いいねぇ。

砂とかもあったから、
めちゃくちゃ持って帰るの大変だったが
これはいい買い物だった。



a0017032_19415133.jpg




ガチャピンくんも楽しそうに泳いでいますよ。
[PR]
by billybrown | 2005-05-28 19:44 | 僕のお部屋

imagination

a0017032_052312.gif



imagination。

こいつが僕にとって一番大切にしているもの。

常識を常識と信じこまず、
あらゆる可能性を探り、
先を読み、
裏を読む洞察力がある。
そんでもって思いやりがあって、
信頼される人間っていうものは、
つまりはあらゆることがimagineできてるからだ!
思ってる。

そしてそのimaginationは勉強して得られるものではなく、
体験、経験の中で感じたり、
教わるのではなく、気付くことで得られると思う。
imaginationは更地に植えつけるものではなく、
もともと誰もが持っているものであり、
それを育てることしかできない。
つまりはimaginationは知識のように身に付けるものではなく、
運動神経のように磨かれるものだと思う。

だからこそ、いろんなことを知り、
いろんなことを感じ、
いろんなことに影響されて、
そのたびにimagineを繰り返して、
自然とimagineできるようになるのである。

で、あるからして。

お金を貯めてどうしよう?
とimagineするより、
どんなことにお金を使ってやろう?
と、お金の使い道をimagineするほうが、
何倍、いや何十倍もimagineしなくちゃならなく、
つまり、
今お金をたくさん使うってことは
僕にとっては
imaginationのために、投資しているのと同じであり。
貯蓄より価値があるから金使ってるんだ。
そうなんだ。
と思うのだ。

そんな風に自分をいいくるめて、
だから月末までにお金を使い切る自分は間違っていないのだ!
そうだよ、そうなんだよ!
絶対この考えは正しいね!

という都合のいいimaginationができる
僕のimaginationに冷ややかな賞賛をおくれ。
[PR]
by billybrown | 2005-05-28 00:06 | ぼやき

部屋の様子

なんだか照明だかソファだかすごく充実してきました。

さぼってたので写真をどどん、と。






a0017032_23291042.jpg


こうなってて、






a0017032_23292484.jpg


こんな感じで、






a0017032_2329374.jpg


こう。






a0017032_23295172.jpg





どう?


次は水槽だな。

魚は飼わない。
水中盆栽がしたい。
[PR]
by billybrown | 2005-05-23 23:31 | 僕のお部屋
先日claskaのイベントに行ったとき。

Candle Junさんのキャンドルの展示があった。

「ロウを固めて色つけてこの値段だとはボロ儲けだな、こんちくしょう。」

なんて冷めた感想を抱きつつも、
キャンドルのほのかな明かりに包まれているのは心地よかった。

そんな今日この頃。

なんかいいフロアランプないかなー。
って探してて、見つけたのがこれ。

a0017032_2143978.jpg


ブローブ テーブルランプ


タップボックス目当てに訪れたフランフラン自由が丘店で、
ビビビ購入。

うーん、落ち着く。
黄色とオレンジの明かりが絶妙です。

a0017032_21591567.jpg


この雰囲気を大事にするため、すべての明かりを間接照明に。
かなり理想のカフェに近づいてきました。

そして、来週末にはソファが届きます。

人を呼んでも恥ずかしくない部屋になってきましたね。
そんなわけで、
まずはフランフラン自由が丘店のあのおねぇさんを呼びたい。

あくまで願望。


いろんな意味を込めて言います。

「うーん、もう一個買いに行こっかなぁ。」
[PR]
by billybrown | 2005-05-08 21:59 | 僕のお部屋

今朝の夢

なぜだかしらないが


a0017032_21565129.jpg















相武紗季


に惚れられてて、
「まいったな、どうしよう(笑)」
と思っていたら
母から電話があり。
「あんた今日パソコンラックに潰されて死ぬよ」
って言われ、
「なんで?」
って聞くと
「新聞に載ってる」
っていうもんだから信じるしかなくて。

死ぬ前に両親挨拶しなくちゃなぁと思い、
いちゃいちゃしてくる相武紗季を連れて帰省する。

そんな、うれしいやらかなしいやら夢でした。

お母さん、僕は今日も元気で生きています。

母の日ということで、
花を贈ったらすごく喜んでくれていた。
よかったよかった。
[PR]
by billybrown | 2005-05-08 21:55

珈琲マイスター


コーヒーに本格的にはまってみようと思う。

というわけで、がっつり揃えてみた。

a0017032_2171334.jpg


ペーパードリップ
ドリップペーパー
マグカップ
メジャーカップ
電動ミル(豆を挽くやつ)


そしてコーヒー豆
やなか珈琲店プレミアムブレンド(豆)

さっそく、これから豆を挽いてコーヒーをいれてみたいと思う。

そして、さっそく感想を書きたいところだが、
コーヒーをいれた勢いそのままにビデオを見るつもりなので。

感想は後日。

わくわく。

というわけで、我が家に来ると挽き立てのコーヒーが飲めるのであります。

いいだろー。
と久しぶりに自慢して今日は終わる。
[PR]
by billybrown | 2005-05-07 21:13 | 食べる
イベント@claska。

JOSE PADILLA "IBIZA DREAM"
-EXCLUSIVE LOUNGE SESSION-


a0017032_2010696.jpg


今週二回目のclaska

せーごさんと。

どんなイベントか?
軽く説明。

80年代、スペインのイビサ島サンアントニオ。
そこには世界一美しいと言われる夕日を見れる
cafe del mar(カフェ・デル・マー)があった。
そこで夕日を見るのにうってつけのCHILL OUTと呼ばれる、
いわゆるまったり系の音楽をまわしてた初代DJ。
それがJose Padilla(ホセ・パディージャ)。
その伝説の男が来日して、claskaでまわす。

そんなイベント。

ひょんなことから無料チケットを入手。
ありがとーごーざいまーす。
しかも飲んでも歩いていけない距離ではない!
参加決定。

a0017032_2022558.jpg


いざ、潜入。

正直クラブっていうんですか?
こういうの、あまり好きではない。
踊るの恥ずかしいし。
音楽が目的じゃない人多いし。
もてないし。

でも、今回のイベントのテーマはチルアウトですよ?
イビサ島ですよ?
海に合う音楽なわけですよ?

そんなノリでスタートした序盤。
ジャズ系の音でスタート。

あ、アリ!
こんな楽しみかたアリ!
こんな音ならおいらクラブ行く!

そんなわけで酒とタバコがすすむ。
(とはいっても缶一本ですけど・・・。)
それに合わせて、会場も盛り上がる。


a0017032_20321128.jpg



そしたら音楽もなんだかまったり系を離れ。
アップアップ系に突入。
あれあれ、僕の好みを離れていくなぁーと思ってたら。
そのままぐわーぐわーっと圧倒され。
酒もぐわーぐわーとまわり、ちょっとダウン・・・。

イビサ島の再現ではなかったのか・・・。
初めのテンションのまま、
つっぱしってくれたら最高だったんだけど。

でも十分楽しみました。

やっぱクラブは合わないなー。
っていう部分と。
意外とアリ!
な部分。
両方わかった。

個人的にはもっとオッサンいてもいいと思った。
来てる人、みんな若い人ばっかなんだもの。
外人は意外とオッサンいる。
日本人はオッサンいない。
すっげー寂しい。

音楽を楽しむなら年齢は関係ないでしょ。
だからオッサン、もっと来い。

でも若者は音楽が目的じゃないのかもな。
だからオッサン来ないのかもな。

やっぱそれは寂しい。

ってか、猛烈に酒に弱いぞ、オレ。
缶ビール一杯で苦しかった。
生まれて初めて酒が飲めるようになりたいと思った。
[PR]
by billybrown | 2005-05-05 20:38 | その他

連休その2


目黒から電車で1時間。

a0017032_1951220.jpg


すこぶる快晴。

a0017032_19511854.jpg


いざ挑戦。

a0017032_1953517.jpg


お疲れさまでした。

a0017032_19513341.jpg

[PR]
by billybrown | 2005-05-03 19:54

hotel claska [the lobby]

hotel claska [the lobby]

ずーっと気になってたんですけど、いけずじまい。

やっと行けました。

claska
a0017032_1939537.jpg
a0017032_1940344.jpg



古いホテルを改装して生まれ変わった。
というのがウリのclaska。
そこの1階にあるカフェバーです。

ほんと、すべてに妥協が無く、洗練されてました。
時が経つのを忘れさせてくれる位空間。
席と席の感覚も広く、
客と店の適度な距離感もいい。
しかも朝4時まで。

うーむ、なかなか。
いいと思います。

でもちょっときどりすぎてる感じも。
音もちょっとやかましめ、だし。
完全なストライクではありません。

でも、たまにはこういう気分もあるだろうし、
こういう気分に酔うのも素敵だと思うし、
実際こういう気分に酔いたくもある。

というわけで僕のお気に入りカフェリスト入りです。



で、本業のホテルのほうはどうなのか?と。

a0017032_19455133.jpg


a0017032_1946532.jpg




シングル一泊10000円ちょい~。
ダブルでも二人で20000円弱~。

思ったよりリーズナブル!

ぜひ今度は宿泊してみようと思う。
[PR]
by billybrown | 2005-05-03 19:47 | 食べる

連休その1

まずはコンスタンティン

a0017032_23285033.jpg


肺ガンを患い、あと1年の命しかないコンスタンティンが
自分の魂の救済のため、悪魔退治をする。
そんな話。

賛否両論あると思いますが。
僕はけっこー好きでした。

こういうの、好きなんです。
SFっていうか、ファンタジーっていうか。
独特の世界、独特のルール。

うーん、かっこいーね。

肺に持病を抱える僕は、
コンスタンティンに激しく共感。
結果、タバコが加速しただなんて。
そんなのはあくまで噂ですよ。


そして真夜中の弥次さん喜多さん

a0017032_23443120.jpg


うーん。

広げた風呂敷がでかすぎた。
とはまさにこのこと。

初めは最高だったんだけども。
オチが・・・。
しかもそのオチが長い長い・・・。

でも、ヒゲのおいらんさんは最高だったよ。

a0017032_23495081.jpg







ヒゲのおいらんさん



DVDも絶賛発売中。
[PR]
by billybrown | 2005-05-01 23:52