とにかくあれこれ      自慢してみるブログ。


by billybrown
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

欲しいもの

大変だ。

物欲が抑えられない。



その1.自転車

暖かくなってきたのと。
健康のためと。

買うとぐーーーっと生活が変わる気がするので。


LOUIS GARNEAU / LGS-FIVE

a0017032_23162413.jpg


研究に研究を重ねた結果、
これが欲しい。

そりゃCannondaleとかSPECIALIZEDとか欲しいけどさぁ。
僕、バイク乗ってるんですよ。

自転車と心中する勇気がない。。。

お値段の割にはいいパーツ使ってそうなので。
僕のイメージするデザインに一番近いし。




その2.オットマン

僕の部屋にはテーブルがない。
オットマンの上に大きめのお盆を置いて
テーブル代わりにしようかと。

a0017032_23213169.jpg



DVD見るときはオットマンとして、
ご飯を食べるときはテーブルとして。

遅かれ、早かれ、絶対欲しい一品。



その3.ジーンズ

最近のファッションは原点回帰。
ベーシックでシンプルな着こなしがマイブームです。

というわけで、めちゃめちゃベーシックなジーンズが欲しい。
ジーンズは今までLEVISしか履いたことがない。

だって元祖だから。

しかしここにきて別のジーンズも試してみたいくなってきた。
今のところ、HRMのジーンズが気になっております。

他にお勧めがありましたら、誰か教えてください。





その4.Nike ID

みなさん、Nike IDをご存知ですか?

Nikeのいくつかのモデル限定ですが、
自分で好きな色をつけたシューズを作れるのです。

ランニングシューズが欲しいんだよね。

ためしに作ってみたのがこんな感じ。

a0017032_23284480.jpg



こんなエキセントリックな色、なかなか無い。

やべー。
ほしー。

みんなほしー。


どーしようもない。
我慢できない。

この物欲、がまんならん。

うわーもーどーしよー!



「年寄りは若い者に貯金をしろと言うが、それは間違っている。
最後の一銭まで貯めようなどと考えたらいけない。
自分に投資しなさい。
私は40才になるまで、1ドルたりとも貯金をしたことがない。」


ヘンリー・フォード



40まで・・・。

それはいくら僕でもちょっと・・・。
[PR]
# by billybrown | 2006-01-15 23:33 | その他

ソファ(2.5シーター)

年末調整で微々たるお金が入ってきたので
ついつい買ってしまいました。


ソファ(2.5シーター)
a0017032_0204261.jpg





ソファの下には照明をセット。
おかげで浮遊感が出て、
かなり大きいソファですが、あまり圧迫感がありません。

ついでにプロジェクターの位置を変え(高い場所に逆さ吊りで設置)、
正面に座って映画を見れるようにしました。

これで、想像を絶するくらい快適になっちゃいましたよ~。


a0017032_021159.jpg




これで、しばらく大きな模様替えはないかなぁ。
だいぶ満足な形になりました。



ここで一年を振り返る。

・・・うーん。

ぶっちゃけ、社会人になって去年一年、
かなり散財してきたと思います。

少しでも貯金に余裕があると思うと、
何かしら買っちゃってるし・・・。
そんなわけで、貯金もほとんど無いし・・・。

でも、今年はこれでいいと思う。
そう思って、やってきた。

これでいいのだ!

ぼんぼん、ばかぼん、ばかぼんぼん。



社会人になって半年とちょっと。
お金を使うということが、どういうことかもわかってきたし、
おかげで、
お金を稼ぐということが、どういうことかわかってきた気がする。


お金を稼ぐことはもちろん大事だと思うけど、
僕は、お金は使わないと意味がないと思ってる。

お金を使って、初めて。
お金を稼ぐことの意味、
そしてお金そのものの価値がわかってくると思う。

まずはお金を使うことがどういうことか。

それを痛いほど経験してからこそ、
お金の価値がわかるようになるんだと思う。


2005年は、
食費を削ってまでも、物欲を満たしてきた。

2006年は、
体験、知覚、経験、運動、知識、食、と目に見えないものにお金を使っていきたいと思います。



それが、社会人になって10ヶ月。、
いろいろお金を使ってきて、思ったことでした。


The rainy day is my chance to be home.
Be a fan, be a kid, be lazy.
problem is, there are no rainy days.
My life is about never settling.

Tiger Woods


お金に変えられない価値がある。


でも僕はJALスイカ。
[PR]
# by billybrown | 2006-01-12 00:22 | 僕のお部屋



a0017032_2344489.jpg




a0017032_2345224.jpg




a0017032_23451436.jpg


どーーーーん!

a0017032_23452423.jpg



新年最初の食事。

京都の料亭で働いているS君からのいただきもので、いくら丼にしてみました。

さすがにうまかった。

むはーーーーーーーーー。
[PR]
# by billybrown | 2006-01-09 23:46 | 食べる

新春初父子ゴルフ

人生、2度目のラウンド。
新年初。
そして、父親と人生初。

のゴルフに行ってきました。

a0017032_21244532.jpg


朝、7時半からのラウンド。

いやー、すがすがしい。
いやー、さわやかだ。

と、それ以上に寒かった!

だってね、だってね。
グリーンにアプローチショット打ったら、
コッキーン!
ですよ。

グリーンが凍ってるんです。


それでも、おもしろかったですね。

1度目よりずっとスコアもよかったし。
修正点もわかったし。
何より父と初ラウンドできたのがよかった。

今回は父にラウンド代おごってもらっちゃいましたが
次回以降は自分で出して、
気兼ねなく一緒にラウンドできれば。

そう思いました。

a0017032_2135125.jpg


どうもありがとうございました。

いつか、僕のおごりでラウンドしましょう。

本日はいい言葉は無し。
ごめんなさい。
[PR]
# by billybrown | 2006-01-09 21:36 | その他
ビジネスバックを見に行ったら
偶然発見!

買う予定もありませんでしたが
思わずびびっ!
っと来て買ってしまいました。





a0017032_22211480.jpg

スウェードブーツ (united Allows)

このなんとも言えない曖昧な色。

僕好みですね。

ブーツはやっぱ暖かいです。
ぜんぜん風入ってこないもんね!

バイク乗るときはほんと、重宝しています。

とは言っても、冬にバイクは寒すぎる・・・。
だんだん辛くなってきました。

こんなんで雨なんか降ったらどうなっちゃうんだ・・・。


In the middle of difficulty, lies opportunity.
(困難の中に、機会がある。)
Einstein Albert


とは言うけれど。
寒いという困難の中にどういった機会があるのでしょうか?

でも、よーく考えてみれば。
文明が発展した地域は寒いとこが多いですよね。

なぜだろう?

やっぱり暑いと何もする気がなくなっちゃうからでしょうか?

おいしいワインを造るぶどうも、
寒ければ寒い冬を越すほど甘みを増す、
と聞いたことがあります。

そんなことを考えていると、
アインシュタインが言ったこの言葉も信憑性を増してきましたよ。

でも、さぁ。

でも、ねぇ。

とは言っても、ねぇ。

僕はやっぱり、夏のほうが好きです。
[PR]
# by billybrown | 2005-12-29 22:33 |
天気もよかったので原美術館へ行ってきました。



原美術館
僕の好きな東京の中でも、
特にお気に入りの場所のひとつ。

すごく小さな美術館で、
展示数はごく、少ないです。

これで千円は高いだろ。

とも思える狭さですが
この美術館の中庭やショップを考えると
まあありなのかな、とも思います。

併設されているフレンチレストランは
綺麗な中庭を見ながらのランチをいただけます。
ほんと、贅沢な感じ。

ショップは僕のお気に入りで
美術館に関わるアートグッズがたくさん。

個人的には美術館限定Tシャツとかがお気に入りです。



ま、そんな素敵な美術館、今回の展示は
『オラファー エリアソン 影の光 展』
でした。

光の芸術家、と呼ばれるだけあって、
光と影を使ったインスタレーションの展示がほとんどです。

代表作をいくつか。




a0017032_11273538.jpg

Beauty
霧雨にライトを照らして映し出されるオーロラ。
見る位置によって、見えるものが変わる。




a0017032_11262547.jpg

タイトル忘れた
ゆっくりと回転する吊るされた輪を、ライトが照らすと
月の満ち欠けのような影が幻想的に回る。






何がすごいって、
全部、ほんとに不思議なんですよね。


もちろん、オブジェや光を発する機械は人間が作ったものですが、
そこに映し出されるものは、自然の現象の成せる技。

すべては意図的ではあるけど、すべてが作為的ではないというか。

とにかく、作品自体は人間の仕業であるには違いないけど、
作品で表されるものは、人間の手を超えている。

そんな感じです。

絶対に自然の力にはかなわないだろうし、
自然を超える美しさはこの世に存在しないだろう。

そう、実感させれた展示でした。


Knowledge comes, but wisdom lingers.
知識はすぐに得られるが、知恵を身につけるには時間がかかる。
(アルフレッド・テニスン)



人間が頭で理解できることなんて、
ほんとにほんとにほんとに、
ちょこーーーーーーーーーーーと、
だけなんだろうなぁ。

そう考えると、
ちょっとせつなくなると同時に、
なぜかちょっとうれしくもなります。

この感覚、うまくは言えないけれど。
わかってくれるかた、いるかなぁ?
[PR]
# by billybrown | 2005-12-26 11:28 | その他